約500種類の香水を試した僕が考える春におすすめのメンズ香水ベスト5

少し前置きが長いですが、まず香水を使うにあたって絶対に押さえておかなければならない事項があります。みなさんが香水の使用を思いとどまる最大の理由であろう香害を引き起こす事への恐れを無くすためです。この事項さえ守れば香害は起こらないと思って大丈夫ですので、ぜひ参考して下さい。

「分かってる」という方はランキングまで一気にスクロールをお願いします。

つけ過ぎない

これはどのサイトでも書かれている事ですが、具体的に書いていこうと思います。

まずボトルからは1プッシュまでにして、ウエストより下につけてください。春から夏の暑い時期になるとボトルによっては1プッシュでも多い事があるので、噴射量が抑えられるアトマイザーを利用して調整しましょう。

日本にも高品質なアトマイザーを販売している専売メーカーがあります。持ち運び易くする目的以外にも、ボトルからの噴射量に比べ、どれも一回の噴射量が少なく抑えられるので是非利用して下さい。

前置きがあまりにも長くなり過ぎるので別記事にまとめました。ぜひお読みください。

mensfragrance.hatenablog.com

季節を意識する

例えば甘さが強かったり重い香りを夏に使うのは避けてください。有名な香水で言うと、ブルガリのブラックやジバンシィのパイなどオリエンタル系の香水を夏に使うと少量でも暑苦しさが出ます。香水も服の衣替えと同じように、季節によって使い分けることをおすすめします。

付けるタイミングを意識する。

香水の主成分はアルコールですので揮発性が高いです。そのため付けたすぐは香りが拡散し易いので、出掛ける15分〜20分前を目安に早めに付けて下さい。

身体、服を清潔に保つ。

これは一番大事な事項ですので必ず守って下さい。香水は元々西洋で悪臭を誤魔化すために用いられたと言われていますが、現代ではあり得ません。そんな目的で使っている方はほとんどいません。香水を付ける際は特に朝からシャワーを浴びて、服は洗濯したてのモノを着て下さい。ごく当たり前の事のようですが、香水使用者はこれが出来てない方が多く居るように感じます。香水に匂いを打ち消す効果はありません。ファブリーズ感覚で使うと必ず失敗しますので、香水を使う時は清潔にしておく事を心掛けて下さい。

前置きが長くなりましたが、ランキングにいきたいと思います。

今回のランキングを選ぶにあたって重視した点は

  • かぶらないこと
  • 香りがキツくない(春らしい爽やかさ)
  • 女性受けが良いこと

以上の3点です。

ではいきます。

モンブラン インディビジュエル EDT

f:id:MensFragrance:20160411164625j:plain

写真は75mlボトル

上画像は送料を含めて安く手に入る楽天Amazonのリンクです。

高級筆記具ブランド、モンブランの香水です。マイスターシュティック146のブランドと言えば筆記具好きの方は皆わかると思います。このインディビジュエルのキャップにもモンブランの筆記具の天冠にあるホワイトスターがデザインされています。筆記具ブランドの香水だからといって侮ることなかれ、調香師はヨーロッパで大ヒットした香水で、香水の歴史を語る上では欠かせないダビドフのクールウォーターの調香師ピエール・ブルドンです。

f:id:MensFragrance:20160412055445j:plain

http://pierrebourdon.com/pierre-bourdon/interview 

 PIERRE BOURDON eau de parfum

 渋いですね。でもこの香水に渋さは無く、ラズベリーから酸味を抜いたようなやさしい甘い香りです。甘いといってもしつこい甘さではないのでビジネスからカジュアルまで幅広い用途で使えます。価格も手頃なので学生や今まで香水を使ったことのない方におすすめします。また価格が約5倍するクリードのオリジナルサンタルにも似た香りです。

エルメス テールドエルメス オートレフレッシュ EDT

f:id:MensFragrance:20160411164928j:plain

写真は125mlボトル

調香師はエルメスの専属調香師ジャン・クロード・エレナで、日本でも有名なナイルの庭などの庭シリーズを作ったのもこの人で、かなり著名な調香師の一人です。

f:id:MensFragrance:20160412070528j:plain

The Diary of a Nose: A Year in the Life of a Parfumeur by Jean-Claude Ellena – review | Books | The Guardian

Jean-Claude Ellena: his book 'never sparks into life'. Photograph: AFP/Getty

オリジナルのテールドエルメスもいい香りなのですが、シダー、ヒノキのような香りが強いので、「おじさんみたいな香り」という意見もあります。しかしこのオートレフレッシュはシトラス系のグレープフルーツの香りが強いので、そのような心配がありません。ラストノートでほのかにシダーが香るので、爽やかな中にも高級感のある香りに仕上がっています。年齢層は20代半ば~60代の方でも違和感なく使用できます。イメージの服装はカジュアルよりもフォーマル寄りで、私服でのジャケパンスタイル、スーツに合う香りです。

クリスチャンディオール ディオールオム コロン

f:id:MensFragrance:20160411164803j:plain

 写真は125mlボトル

調香師は他のディオールオムシリーズも手掛けているフランソワ・デュマシーです。このランキングの中で一番爽やかな香りで甘みの無いシトラス系の香りで、一番の万能選手です。スポーツをする時でもアトマイザーで1プッシュだとクドくなりませんし、カジュアルな格好にも似合います。こういう爽やかなシトラス系の香水は安っぽい香りになりがちなのですが、ディオールオムコロンにはそれがありません。やはりこれはディオールオムシリーズに通ずる良さだと思っています。全て違う系統なのですが、ラストノート辺りに共通するものを感じます。

f:id:MensFragrance:20160429033206j:plain

 このディオールオムシリーズはとても秀逸だと思っていて、ディオールオムスポーツが2012年、ディオールオムが2011年に調香師を変えて処方変更されましたが、大幅には変わっていません。使う季節は違いますが、どれも僕が好きな香水の一つです。

クリード グリーンアイリッシュツイード EDP

f:id:MensFragrance:20160411164622j:plain

写真は75mlボトル

クリードは香水好きの人なら知っている人も多いイギリスのブランドで、同ブランドではアバントゥスが有名です。

クリードチャールズ皇太子のロイヤルワラント(英国王室御用達)を授かっていて、チャールズ皇太子が実際に使用しているのは、このグリーンアイリッシュツイードです。

http://www.cafeglobe.com/2015/04/045930creed.html

出典元:cafeglobe

チャールズ皇太子のファッションは有名で様々な雑誌で取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。継ぎ接ぎだらけのジョンロブを見たときは感動しました。

すみません。話が逸れましたが、香りもとても素晴らしいです。調香師はクリードの6代目オリビエ・クリードで、よく似た系統の香りの比較対象として先程も挙がったダビドフのクールウォーターと比較されますが、嗅げば明確に違いが分かり圧倒的に高級感があります。クールウォーターには無い独特の苦味があり、正に春の香りです。クセになる香りでフォーマルな印象を受けます。年齢は30代~服装はオートレフレッシュと同様にカジュアルよりもフォーマル寄りで、私服でのジャケパンスタイル、スーツ着用時に映える香りです。

※EDPですが、強烈に香るわけではないので、安心してください。ですが、ひと吹きで大量に噴射されるので、アトマイザーは必須です。

イブサンローラン ロム EDT

f:id:MensFragrance:20160411164925j:plain

写真は60mlボトル

アン・フリッポ、ピエール・ワグニー、ドミニク・ロピオンの共同作品になります。ロムを1位にしたのは、女性受けが良いから。これに尽きます。よく検索ワードでモテる~というワードがありますが、僕はモテるメンズフレグランスではロムが一番当てはまるのではないかと考えています。ユニセックスな香りなのですが、かなり色気を感じます。クセも無くて嫌いな人が少ないのに、一度嗅ぐともう一度嗅ぎたくなるような中毒性があります。本当に絶妙な調香だと思います。

価格も手頃で画像の60mlサイズで4000円程度で購入できるので、非常にコストパフォーマンスも高いと思います。

しかし、ロムには注意点もあって、今回のランキングの中では一番香り立ちが強いですので、始め香りが強すぎると思われると思いますが、15分後くらいからのミドルノートに入ると優しい香りになってきますので安心してください。それでもアトマイザーから1プッシュが適量の目安ですので、ぜひ用意をお願いします。

f:id:MensFragrance:20160411164709j:plain

いかがでしたでしょうか。どれも他人に差をつけられる春から夏にかけて活躍出来る香りだと思います。参考になったらとても嬉しいです。

今後もおすすめの香水をあげていきますので、よろしくお願いします。

最後までお読み頂きありがとうございました。